不動産購入・賃貸は仲介手数料無料業者で!

不動産購入・賃貸は仲介手数料無料業者で!

不動産を購入したり、賃貸する際に頭をもたげるのは仲介手数料です。

不動産自体も非常に高額なのに、それに加えて税金や登記、仲介手数料などの諸経費がプラスされると結構大変です。

このように考えるあなたには、仲介手数料が無料な業者を探すことを強く推奨します。

尤も、必ずしも仲介手数料無料である必要はなく、仲介手数料が無料と考えてもいいくらい安価な業者を探しても良いです。

仲介手数料無料(あるいはそれと同等)の業者を探す際には次の点に気をつけるといいでしょう。

1つは、どんな不動産を探しているのかを当初から絞ることです。

不動産の数は膨大であり、それら全てを丁寧に調べていると時間と手間はいくらあっても足りません。

場所や間取り、(あなたがオーナーになるなら)収益率や管理費等を書き出しましょう。

次に気をつけるのは、業者の評判と実績です。

不動産などの大きな取引では、スーパーでの買い物とは桁違いの「信用」が柔な意味を持ちます。

単に「手数料無料」を謳っているだけではなく、きちんとしたところに依頼したいですよね。

 

(不動産の)仲介手数料無料の本当の訳

昔は、今みたいに仲介手数料無料の業者は少なく、高額な不動産を購入(賃貸)すればするほど高額な仲介手数料を請求されました。

それが今はどうでしょう。

仲介手数料無料や半額は当たり前であり、法律で定められている上限ぎりぎりまでの仲介手数料が求められるのはレアケースと成りました。

しかしながら、仲介手数料とは不動産業者の収入になるはずです。

仲介手数料を無料にすると業者の取り分はなくなって、まるでボランティアのようになってしまう。

ここ10数年の間に不動産業者はボランティア団体になってしまったのか、と疑問に思う方もいらっしゃるはずです。

結論から言えば、不動産業者は今も昔も営利団体です。

ただ、近年になって業者間の競争が激化したために、業者は企業努力(人件費や諸経費の削減)によって低価格を実現しています。

しかし、それでも仲介手数料無料というとどこか引っかかる人もいらっしゃるでしょう。

そんなことができる理由は、売り主又は買い主が業者でもう片方が個人の場合、業者からのみ仲介手数料を徴収しているからです。

業者は個人に比べて資金量では勝っていますしね。

仲介手数料無料の物件を探そう

近年不動産の購入や賃貸において、仲介手数料無料となる物件が増えてきました。

そのわけは業者間の競争が激化したためであるのと、業者が生き残るために人件費や広告費、その他諸経費を節減したからです。

しかしながら、不動産会社がボランティア団体になったわけではありません。

仲介手数料無料といってもそれは個人を相手にする場合であって、業者同士での取引では従来通り手数料を徴収するのが普通です。

では、個人の方々はどのようにして仲介手数料無料の物件を探せばいいでしょうか。

基準は上にあげたとおり、売り主又は買い主(貸し主又は借り主)が業者であるかどうかです。

また、個人同士が相手の取引であっても仲介手数料がなるべく安く抑えられているケースもあります。

そして勿論、その仲介業者が所有している不動産を購入したり、逆に自分の不動産を今みている仲介業者に売却できるのであれば、仲介手数料はそもそもかかりません。

ただ、それでも交通費や登記費用などの他の諸経費はかかってしまいます。

それは、仕方のないことです。

Comments are closed.